団体概要 > 団体のあゆみ

団体のあゆみ

since 1993

「森の学校」は1993年にハックルベリーくらぶとしてスタートし、1995年に、群馬県南牧村・旧尾沢中学校の校庭と校舎、そして周りの豊かな自然を活用して行われる全く新しいスタイルの自然学校として開校しました。
当時、日本国内では子どもたちをとりまく社会環境は日に日に悪くなっていました。そうした中で、登校拒否や家庭内の暴力事件などが急激に増えていきました。
そんな子どもたちや家庭に必要なのは、自然からの学びではないだろうかと考え、この学校を開校しました。
私たちは、人間教育は大きく四つのステージを持っていると考えます。それは、社会、地域、学校、そして家庭です。その中で、特に地域教育と家庭教育に多くの問題が起きていました。
年齢の異なる子どもたちが互いに協力し合って、川の中の数々の障害物を乗り越え克服していくのがリバートレッキングです。このプログラムは、まるで「地域の中で年齢の異なる子どもたちが互いに影響し合って育てられていくような“地域教育”の場」となっています。
一方、子ども自身の問題に対しても私たちの自然学校では大きな役割を担ってきました。内向症の子どもが3日間の滝飛び込みのプログラムでとても良い成果を生んだ事があります。彼は小学校の4年生でしたが、森の学校のインストラクターが専任で付きプログラムを実施しました。最後の日には、高さ6mの岩から滝へ飛び込むまでになりました。その後彼は中学を卒業すると、今度は自分が小学生の子ども達の面倒を見るスタッフになりました。

1993年7月1日

・森の学校の前身「ハックルベリーくらぶ」誕生
・夏を中心にキッズキャンプを開催

1994年夏

カナダのパークワーデンやバンフセンターのアーティストと出会い、アプリシエーション(自然への畏敬の念を持った賞賛の意)など現在のベースとなる新しい環境教育の手法としての実験プログラムを学ぶ。

1995年春

・廃校を南牧村から通年借り受け、「森の学校」開校
・この後、毎年キッズキャンプやファミリーキャンプを開催

1997年夏

「三菱スターキャンプグラウンド」(5省後援)にて「縄文」をテーマとしたプログラムを実施。この頃から、「縄文人キャンプ&プログラム」「ツリーハウス」を中心としたキャンプを始める。

1998年春

・「東京みなと祭り」にてツリーハウス体験エリアを設置。
・ツリーハウスに関連した環境教育の施設の開発。
・公園や空き地などの環境教育施設の開発。

2001年夏

福島県「うつくしま未来博」にて、博覧会86日間の会期中、森の学校をテーマに「森のネイチャーツアー&森の学校」のパビリオンを企画・運営に協力。1999年10月から2年間をかけて232名の自然の価値を伝えるネイチャーガイドを養成し、ものづくりなどを伝える講師とアシスタント446名を起用し博覧会場で86日間展開に協力。

2002年12月9日

・特定非営利活動法人として法人格取得(成立)

2004年

地域の資源や地元の住民、団体の活動を基盤とした、パビリオンのないまちづくり型観光博覧会、愛媛県「えひめ町並博2004」にて、基本設計・プログラムコーディネートの実施に協力。地域の歴史、文化のシンボルである「町並」を中心とした地域の魅力を全国に発信。
「えひめ町並博2004が大賞をダブル受賞」
・第1回日本イベント大賞 (社)日本イベント産業振興協会
・第7回日本PR大賞 PRアワードグランプリ (社)日本パブリックリレーションズ協会

2005年

・国際博覧会「愛・地球博」にて市民パビリオン・海上広場にて「対話ギャラリー」、「地球の授業」の企画・設計、運営に協力。「森の学校」ブースも出店し、地球環境の大切さと環境教育の授業を来場者に実施。

・貴重な木造の校舎を手を加えず、そのまま保存している為、テレビドラマのロケ地ともなり、ラジオや雑誌等様々なメディアでもとり上げられています。
・主催イベントとして「岩崎元朗のトレッキング教室」なども開催
・2004年から始めた宝酒造との「宝酒造田んぼの学校」をはじめ企業の社会貢献活動をバックアップ

【事務局】〒104-0061 東京都中央区銀座七丁目18-13-203
TEL 03-5565-1144(平日11:00~18:00) FAX 03-5565-1199
E-mail morinogakkou@kankyou.info

「森の学校」はNPO法人森の学校の登録商標です(商標登録第4308582) ©2012森の学校 All Rights Reserved web制作・デザイン:森の学校